• アフィリエイト99%が失敗だった

    誰でも簡単に始められるアフィリエイト、ネットで儲かるなんて嘘

    アフィリエイト収入分布図アドセンス・情報商材・物販アフィリエイトなど一通り挑戦し99%、失敗しました。過去に作成したサイトは、削除したものも含めて120~140。一度でも売上があったサイトは、40。今もコンスタントに収入が得られるサイトは、10サイト。計算すると93%(92.86%) が失敗。7%(7.14%)が成功したことになります。95%が稼げないというけどアフィリエイトで儲かるか儲からないかは「アフィリエイトの経験値」を上げるかどうかなんだと思います。

    アフィリエイトマーケティング協会の情報によると2016年は、アフィリ歴10年目の方が大幅に増加。4人に1人は、収入がない、5人に1人が1000円未満、10人に1人は、5000円は稼いでいる・・残りの人は、5000円以上から100万以上稼いでることになります。金額に幅がありますが、5000円くらい稼ぐ人と同じ割合で100万円稼ぐ人がいるって「夢」のある話ですよね?ま・・普通の会社員やパート・アルバイトでは、ここまで夢はありません。(安定もしていないけど)

    収入分布

    アフィリエイターの収入分布をピラミッドであらわしてみました。5000円以上稼いでいる人の割合も100万円以上稼いでる人の割合も同じ5%なんです。誰にでもチャンスは、あるのかな?と期待が持てますよね?ちなみに私は、上から2段目を目標にしています。(言うだけ無料なのでw)

    収入分布

    アドセンスの失敗談

    カフェグーグルアドセンスは、初心者向きだと聞き10万円のアドセンス塾に入りました 。高額な塾に入り後に引けない状況になりました。たいしたノウハウも得られないまま稼げるジャンルのリサーチをすることなく自分の興味あるジャンル(エンタメや音楽や占い)などでドメインを取得し記事を書きました。

    最初はクリックもされず1円の収入にもならず詐欺なの?やっぱり無理だったと落胆しました。しかし記事数を1000記事、2000記事と書いていたら数打ちゃ当たる方式でアクセス数が増加し収入が伸びていきました。すべての記事は、外注には、頼まず自力で書いていました。当時は、記事数が多いほどgoogle に評価されやすいと信じていました。

    子どもも小さかったので毎日大忙し!軌道に乗った!遊んで暮らせると思った矢先、禁止事項にふれ警告メールがきました。アドセンスは、稼げるようになっても収入が無くなるかわからない恐怖があってリスクと隣り合わせだと思いました。稼げても悪夢にうなされたし心臓に悪いかもしれません。過去の実績に関係なく規約にふれればアカウント剥奪は免れないですからね。

    アドセンスブログが儲かっていたのは、一時的を、アドセンスを貼っていたブログやサイトを削除したため収入も激減しました。しかしアカウントはかろうじて生きています。禁止事項も厳しく心臓に悪いので一旦は撤退しました。高額な塾や教材は、無意味で不要だと思いました。一旦撤退したアドセンスですが、物販アフィリエイトと並行して2015年から2016年にかけてアドセンスブログを作成しました。メインではないので収入は、あってもなくても良いというスタンスです。(ま~本音をいえば収入はあったほうが良いですw)

    情報商材の失敗談

    アドセンスの次に情報商材を始めました。情報商材は、報酬単価も高く1つ商品が売れると数千円の売上になるので夢中になりました。よく売れ成功しやすいジャンルは、悩み系でした。サイトは、シリウスで作成しワードプレスは、賢威のテンプレートを使いました。儲かる儲からないかで言ったら、情報系は稼ぎやすいです。仕事をやめても一生安定すると錯覚をおこすほどでした。情報商材アフィリは、全く自己流。情報量を増やすために、1サイトに何百記事も書いて更新を繰り返しました。購入ユーザーは、イメージだけで「痩せるかも」「治るかも?」「稼げるかも」といった期待で商品を購入します。抽象的だけど高額だから一発当たると面白く収入が入るので情報商材メインでも行けそうな気がしました。しかし情報商材系は、グーグルのペナルティを受けやすくパンダやペンギンにより圏外に飛ばされるリスクが高いです。私が稼げなくなった理由もそこでした。また情報商材の広告とASPの広告を貼っていたためASP側から削除依頼のメールが来たこともあります。胡散臭い情報商材から物販アフィリにシフトした理由は、情報商材は、買うまで中身が抽象的でわかりにくいということ、物販アフィリエイトは、目に見える商品だから売れやすいと思ったからです。

    楽天・アマゾンアフィリの失敗談

    物販アフィリエイトは、Amazon、楽天、ASPに挑戦しました。楽天市場で売れやすいジャンルは、楽天市場より楽天トラベル。ただし料率は、1%。アマゾンで売れやすいジャンルは、本・CD・・料率が変わり3%と低いのがデメリットです。楽天の成果報酬は、1%。100万円売ってもわずか1万円です。そのかわりあらゆる商品が紹介できます。ブログもサイトも持っているだけ幅広く展開できます。でも1%は、いくらなんでも効率が悪すぎます。アマゾンは、紹介したいブログやサイトの承認を受けなければ商品を紹介できません。そのため私のようなレビューで幅広く稼ぎたい人には、現実的でないと感じるようになりました

    物販アフィリエイトの失敗談

    理由があるから失敗する、

    稼げない10の理由 対処法 結果や気付いたこと
    キーワードの選び方が下手過ぎ キーワードツールを利用する 想像していないキーワードが見つかったことで記事を書くスピードが上がった。とくに良かったのは、Pandora2
    HTMLサイト作成に時間がかかりすぎる シリウスで作成 以前は、ホームページビルダーでHTMLサイトを時間をかけて作っていたけれど時間がかかりすぎるのでシリウスは、完成度の高いサイトがすぐに作れ時間短縮につながった。
    ドメイン取得をケチって失敗 理想は、1サイト1ドメイン。ドメイン取得は、ケチるべからず。最近は、増やしている  サブドメインでも稼げるけれど、ペナルティを受けたときサブドメイン全てが影響を受けてしまい修正が驚くほど大変で1サイト1ドメインにしなければいけないと思った
     1つのサイトやブログに固執し失敗  稼げるか稼げないかわからないサイトに時間と手間をかけすぎてしまった。立ち上げる段階で曖昧なリサーチで記事数だけ闇雲に多く書き時間が無駄だった。  数多くのキーワードで数サイト量産する→アクセスや収入が見込めるサイトだけを修正。同時進行するなら同一ジャンルを扱う
     自分自身に固執しない  自分の好きなジャンルや固定観念で作っていた  セミナーに行き、さまざまなジャンルの広告を扱うようになりアイデアが広がるようになった。自分の悩みでなくても固定概念を無視して何でも挑戦すると良い。興味が湧いてきて面白くなる
     ターゲットが明確に決まっていない  誰が何に対して悩みどんな人に向けどんな商品を売るのか最初から決まっていなかったのでペルソナを決めてからとりかかるようにした アフィリエイトでキーワードが上手く探せない
    完璧主義 ルレアで完璧主義が稼げない儲からないアフィリエイターの1番の原因と気付いた。  アフィリエイトサイトは、失敗したくない!稼ぐサイトにしたい!強い思いはあるけどある程度流れ作業のように数にこだわりこなしていきたい。完璧主義では前にはすすめない
    目標の決め方 具体的にいくら稼ぎたいのか?いつまでに達成したいのか?何のために必要か?どうして稼ぐ必要があるのか理由を考え書き出す。  高すぎる目標も理想と現実が違いすぎてモチベーションが続かなくなるので、そのためにどの程度作業をこなすか?という「作業の目標」をたてる。月ごとに成果(件数)金額の目標をかかげる。グラフには、現状の数値。目標数値・予想値を記入し自分がいつまでにいくらを目指すのか視覚で意識できるようにした
    行動力・実行力  行動力が実行力がないと稼げない。稼いでいるブログの作業量や思考は、学ぶことが多い。稼げていないブログ記事からは、どうしてうまくいかないか気付くことができる  ブログやスケジュール帳に計画をたてる!計画を実行することを意識する。計画は、途中と月末にふりかえる。チェックリストの確認

    諸君は必ず失敗する。
    ずいぶん失敗する。
    成功があるかも知れませぬけれども、成功より失敗が多い。
    失敗に落胆しなさるな。
    失敗に打ち勝たなければならぬ。
    たびたび失敗すると、そこで大切な経験を得る。
    この経験によって、もって成功を期さなければならぬのである。大隈 重信(おおくま しげのぶ)

    Post Tagged with , ,

コメントを残す