• 「アフィリエイトで稼ぐ」という下心を消し去り見えてきたもの

    私が運営している別ブログ。ブログ記事を2ヶ月半毎日書き続けた結果。120記事公開したところで土曜日も日曜日も休まず更新しました。記事を書くのが楽しくて壁にぶつかることもなく更新を続けることができました。すでに2ヶ月分のストック記事も仕上がっているので大晦日もお正月も自動で予約投稿されていきます。自分のことを書いているのでネタが切れることはありません。

    WordPressで記事が更新されるとtwitterも自動投稿されるプラグインを導入したのでさらに集客を見込めそうです。アフィリエイトリンクは、ほとんど埋め込んでいないのも成功の要因かもしれません。アフィリエイトブログは、収益が発生してなんぼです。稼げれば成功、稼がなきゃ失敗!です。私もそう思ってきました。でもアフィリエイトで収入だけを追い求めることにちょっと疲れていたのかもしれません。一旦アフィリエイトから離れたことで見つかったヒントの方が大きかったです。記事タイトルをつける時に参考にしたのは、ルレア

    ランキング

    安定してずっと1位だったカテゴリーから他のカテゴリーに初めて変更してみました。新規に訪問者を増やすのが目的です。私が作ってきたブログやサイトは、コテコテの収入目的で作成するとうまくいかないことが多いです。何やらギラギラとしたハイエナみたいな部分が出てしまうんでしょうか?笑。

    ところで・・アフィリエイトで稼ぐという目的(下心)をあえて消し去った背景には、書籍出版という「夢」というか「野望」がなかったわけではありません。笑。実際、このカテゴリーで上位の方は、次々と本を出版されています。ただ私は、好きなことを書きなぐっているだけのブログなので指南書にもなっていません。人に役に立つブログというのは、説得力があり何らかのヒントが得られたりするものです。この時点で書籍化は、無理だと悟りました。

    どんな記事タイトルが受けるのか?どのようなジャンルやカテゴリーの中で戦えばいいのか?ということが分かるようになってきました。集客してからでもアフィリエイトリンクを貼るのは、遅くはないのです。取材も記事を書くのも動画を作成するのも写真を編集するのも楽しくて・・というのも思い出すことが出来ました。ただアフィリエイトリンクも貼っていないようなブログを更新し続けるのは、アフィリエイターとしては、失格です。しかし下心を失くしたら得られるヒントがいくつかありました。過去に作成して時々しか収益がなかったサイトとか失敗したかな??というブログのテコ入れの仕方がわかったので本末転倒かもしれませんが、アフィリエイトやアドセンスにいかしていくつもり。

    スポーツだったら1位にならないと面白くないし勝負に勝てなかったら練習のモチベーションが続きません。アフィリエイトも同じで稼げているときは、テンション高めで作業をすすめられるけど収益が発生しないととたんにキモチも落ち込むみたいな。でも・・あえて収入を目的としないブログを立ち上げたことは、無意味で無駄なことではなかったような気がします。「暮れぬ先の提灯(くれぬさきのちょうちん)」「飛ぶ鳥の献立(とぶとりのこんだて)」「飛ぶ鳥の献立(とぶとりのこんだて)」順序が違いますが、誰のための何のための着眼点は、どこっていうことが見えただけでも良かったです。

    更新すら滞っている当ブログからもルレアが売れておりありがたいことだと思っています。

     

コメントを残す